次ページTOPページ前ページ
2020/11/21

2228 八王子並木町にて

 



2020/11/16

2227 ザ・ロイヤル・アルバート・ホールの E・クラプトン 2015

第二部のアコースティックセットは圧巻!
先日アップデートした4chパラレルアンプシステムによるエアー収録。

https://youtu.be/pPSLOawMqYA



2020/11/14

2226 改訂 LCネットワークで決まりと言ったのに・・・

パワーアンプの4パラレル駆動という暴挙?を企てた。ラインアンプのバッファーはNFBの威力で低インピーダンスで出力するが問題は最大電圧だ。これが10V程度ではパラレル駆動は厳しい。アンプジラの入力インピは75KΩだが、アムクロンは10KΩだから合成で8.8KΩ。2パラではほぼ問題なくドライブ出来ている模様。懸念の誘導ノイズも皆無! サブウーファーとスーパーツイターをどう繋げるかで試行錯誤があったが、構成図のようにアムクロンXLS1002はウーファーとスーパーツイターをモノラルバイワイヤ、サブウーファーだけはRCA接続でクラウンXLS1502ステレオ。アンプジラ2000はALTEC 802Dドライバ専用という布陣でようやく解決!聴感だけのレベル合わせだが感触はいい。過去最高かどうかはまだ分からないが8CH分のパワーアンプと8個のスピーカーが鳴っているとは思えない一体感がある。欲を言えばスーパーツイターはデジタルアンプではなく管球式シングルでドライブしたいところ。これは来年の課題。といいつつ、本当はもっとシンプルなシステムに憧れている(笑)



2020/10/29

2225 続・最後から2番目のクルマ AUDI A4 avant 2020

4年目のビッグマイナーチェンジで、フレームは旧型と同一だが外皮はすべて変更された。現物を一度も見ないで発注したのは初めての経験。ボディは想像以上にグラマラスでラテンテイストが加わったような印象!フロントグリルのマチがどうかと思ったがけっこうセクシー。マイナーチェンジは得てして余計なラインが加わり興ざめなのだが、端正なアウディデザインから一歩抜け出した躍動感がある。偶然にも60代最後の日に納車されたので、その日のうちに三浦半島から横浜方面のクルーズを試した。スナップは横浜元町通りと佐島マリーナの屋上パーキング。カメラはiPhoneXs max。



2020/10/29

 

 



2020/10/29

 

 



2020/10/29

 

 



2020/10/28

2224 グレン・グールド vs それ以外のピアニスト

ここのところ、Youtubeでグールドばかり見ている。音楽に映像はいらないと考えていた時期もあったが、音楽表現って音だけで成り立っている訳ではないと考えを変えた。グールドは30代でコンサート形式の活動をしなくなったが、TV番組などの映像が多量に残されている。1958年のCBSスタジオでの録音風景、翌年の自宅インタビュー、そして1981年のゴールドベルグの録音現場などはとくに興味深い。感じたことを箇条書きで記すと・・・

・特異な演奏姿勢(椅子を極端に下げて前屈みで弾く)は棟方志功の作業を彷彿とさせるが、「音」の発生現場の至近に自身を置きたかったのか? この姿勢は最大音量に制約があると本人は語っていて、コンサートから遠ざかった理由のひとつかも知れない。

・その低い姿勢から繰り広げられる演奏は、鍵盤に指が吸い付いているかのよう。押し弾くというタッチで、それでいて離すときの素早さは尋常ではない。正確で速いパッセージの秘訣なのか。

・演奏時、空いている手、腕の動きは"舞踏"のようだ。あたかも音楽の精霊を招き入れるかのように。

・紡ぎだす音楽は機敏でありながらしなやかで色彩感があり、自発的ビートが根底にある。これは81年のゴールドベルグのアナログテープからのCDで感じてはいたが、映像があると如実に理解できる。オーディオ的クオリティを超越する何かがある。サウンドだけのオーディオではモノトーンに感じることが多い。

・いかなる演奏でもピアノの前に楽譜を置いていない。自宅の練習風景でも楽譜は近くに積み上げられているだけ。譜面は設計図でしかなく、演奏行為はその先にあるということか?理屈っぽくいえば、譜面の総体が音楽動機であってトレースする材料にしてはいけないということか。

・・・という次第から考えついたのが、表題(笑) もう一度CDを聴き直そうと思った。




次ページTOPページ前ページ




My favorite blog

平野敬子さん
https://www.instagram.com/keiko_hirano_vision/

小川フミオさん
http://www.fumio-ogawa.net

早瀬文雄さん
https://soundfrail.blogspot.com

Sachikoさん
https://www.oishiiokinawa21.com/

喫茶茶会記 福地さん
http://gekkasha.modalbeats.com